So-net無料ブログ作成
検索選択
華政(ファジョン) ブログトップ
前の1件 | -
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 64話~65話(最終回) [華政(ファジョン)]

【64話】
自分を追う刺客の生け捕りに向かい、平然とした表情で帰ってくるイヌ。

だが、実際には大怪我を負っていた!

そんな中、清の問責団が孝宗の北伐計画が事実か調査するため朝鮮へやって来る。

貞明公主から問責団との交渉役を任されたジャジョムは、この危機を乗り切るため一つのことに集中する。

それは、ドルゴンを利用してジュソンを捕えることだ。

交渉の席に着いたジャジョムは、問責団に同行する皇帝の忠僕オボイに忠告する。

「ドルゴンは逆心を抱いており、皇帝の座を狙っている」と。

この言葉は皇帝に忠誠を誓うオボイの心に突き刺さり、ジュソンの計略は打ち砕かれることに!

窮地に追い込まれて孝宗の首を討ち取る以外に助かる術がなくなったジュソンは、捨て身の賭けに出る。

私兵を率いての襲撃だ。

しかし、そんな破れかぶれの襲撃が成功するはずなかった。

すぐに駆けつけた官軍によって逃げ道を断たれたジュソンは、目の前にいるジュウォンに銃口を向ける!

【65話】
いったんは銃を下ろしたものの、再び銃を構えるジュソン。

ジュウォンに狙いを定めると、引き金を引く。

しかし、その銃弾に倒れたのはジュウォンではなく、ジュウォンを庇ったイヌだった!

息子のイヌを撃ってしまったジュソンは、捕らえられながら悔恨の涙を流す。

そして、計略を邪魔した黒幕がジャジョムだったと知ると、悔しさをにじませる。

一方、ジュウォンを救うため自ら父の銃に打たれてしまったイヌは、息も絶え絶えで手の施しようがなかった。

貞明公主とジュウォンに最期を看取られ、ジュソンを恨むことなく逝くことに…。

刑の執行前日、貞明公主に訪ねられたジャジョムとジュウォンに訪ねられたジュソンはそれぞれ、「我々が死んで、同じような人間が必ず現れる」と忠告する。

そんな2人に貞明公主とジュウォンは、「志を共にする者と、希望を捨てず戦い続ける」と答える。

ジャジョムとジュソンの刑が執行され、長い戦いに終止符を打った孝宗は、貞明公主に「自分を傍で支えてほしい」と頼む。

しかし、貞明公主は孝宗に辞退を申し出る。

「王がいずれ暴政を敷く可能性が否定できない以上、自分はいつでも王と戦える敵でいたい」と。

孝宗にいつまでも敵として目を光らせることを宣言した貞明公主は、「華政」と書かれた書を残して執務室を去るのだった。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク



前の1件 | - 華政(ファジョン) ブログトップ