So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 39話 [伝説の魔女]

父親の罪をかぶるために自ら検察に出頭し、取り調べの途中で倒れてしまったドヒョン。

回復する見込みはなく、そのまま帰らぬ人に…。

ドヒョンの死にショックを受けたスインは、ウソクやドヒョンに酷いことをしたと罪悪感に苛まれる。

ウソクとの関係を続けることなど考えられず、指輪を返して別れを告げる。

ドヒョンから無実の証拠を受け取ったウソクは、その証拠を持ってテサンに会いに行く。

「息子が自分の罪をかぶって死んだのに…」とテサンをなじり、ドヒョンの潔白を証明することを宣告する。

だが、テサンは息子が死んでも心を入れ替えるつもりはなかった。

「ドヒョンが死んだのはウソクのせいだ」と責任転嫁するのだった。

ウォランと夫婦になったプングムは、ウォランの部屋で一緒に寝る。

ところが、一緒の部屋で寝たことが大家にバレてしまい、簡易宿を追い出される羽目に…。

住処を失ったプングムとウォランは、行く当てもなくイムン宅へ。

イムンの厚意により、イムン宅で同居することになる。

プングムがイムン宅に転がり込む一方、ミオはイムン宅を出ていくことに。

ミオを嫁として認めたエンナンが、「孫が恋しいから一緒に暮らそう」とミオに提案したからだ。

そんな中、カエデパンがシンファ製菓にパクられたと知ったスインたちは、シンファの本社へ乗り込む。

そして、「カエデパンを模倣した」と抗議する。

しかし、シンファが模倣を認めるはずがなかった。

スインたちはそれでも諦めず、シンファの前で模倣を訴えるデモを決行。

すると、スインたちの訴えが記事になることに!

一方、ウソクはドヒョンの残した証拠でテサンを追い詰めていく。

ウソクの要請で横領の再捜査が行われることになり、テサンもついに検察の取り調べを受けることに!

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク