So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 35話 [伝説の魔女]

30年前の火事の真相を思い出し、家に火をつけたテサンに掴みかかるウソク。

「父を殺したのはお前だ」と。

しかし、「すでに時効は過ぎている」と開き直るテサンをどうすることも出来なかった。

悔しい気持ちのまま帰宅したウソクは、ボンニョに30年前の記憶を取り戻したことを明かす。

「家に火をつけて父を殺したのはテサンだ」と。

真相を知ったボンニョは、ショックで倒れてしまう。

その後、ウソクはミオに生活費を渡しに来たエンナンにも30年前の真相を明かす。

エンナンを誤解していたボンニョは、息子の命の恩人であるエンナンにお礼を言うのだった。

一方、ジュヒはドヒョンにスインの現状を伝える。

「スインとウソクは同じ家で一緒に暮らしている」と。

それを聞いたドヒョンは案の定、平常心を失ってしまう。

ドヒョンを気遣うことに気疲れしたジュランは、お酒で気晴らししようとする。

一緒に飲む友達がいないためヨンオクを呼び出すと、家族には言いづらい愚痴をこぼす。

だが、ヨンオクがスインの肩を持ったため、余計にムシャクシャする羽目に…。

ウォランと一夜を過ごしたプングムは、ウォランへの認識を改めていた。

ウォランを自分の恋人にする覚悟を決めていた!

そんな中、ボンニョは朝早くテサン宅に乗り込み、家族の前でテサンを怒鳴りつける。

「30年前にアナタは家に火をつけ、私の夫を殺した」と。

ずっとボンニョのことが気がかりだったタンシムは、激怒するボンニョに土下座して謝る。

一方、テサンに復讐することを誓ったウソクは、自分と同様にテサンに復讐心を持つエンナンと手を組む。

ウソクを慰めてやれない自分の立場を悲しむスインは、ウソクが復讐に燃えることに不安を抱くのだった。

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク