So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 33話 [伝説の魔女]

入院している病院へ駆けつけたスインと涙の再会を果たしたドヒョン。

スインのために命を永らえてきたことを伝える。

すると、スインもドヒョンが生きていたことを神に感謝する。

しかし、ウソクのことを思うと喜んでばかりもいられなかった。

ウソクのことを諦められないジュヒは、ここぞとばかりにスインとウソクの仲を妨害しようと動き出す。

ボンニョとウソクにドヒョンが生きていたことを伝え、ウソクを奈落の底に突き落とす言葉を告げる。

「スインはドヒョンが回復したらマ家の嫁に戻る」と。

ウソクはドヒョンが生きていたことを知って動揺するのだった。

エンナンが2年間もドヒョンを隠していたことを知ってショックを受けたドジンは、エンナンを問い詰める。

すると、エンナンはついにドジンに実の父親のことを話す。

そして、テサンに復讐しようとしていることを明かす!

母親が復讐の鬼と化していることを知ったドジンは、その執念に恐怖を感じるのだった。

ジュランはドヒョンの容体を落ち着かせるため、スインを呼びにイムン宅を訪ねる。

そこにヨンオクが隠れているとも知らず、ヨンオクの悪口を言いまくる。

ウォランに妹の結婚式に妻として出席するよう頼まれたプングムは、ウォランの妻を装って式に出席する。

だが、どうも雲行きが怪しくなる。

式に出席するだけの依頼だったので引き受けたにもかかわらず、なぜか一泊するよう勧められ…。

ミオがモデルになることに反対したドジンは、化粧品のCMのサブモデルをすることになったミオの撮影現場を見学する。

そこでメインモデルの態度にキレて口論となり…。

そんな中、スインの変化を敏感に感じ取るドヒョンは、スインが病室に忘れていったケータイを見る。

スインがウソクという人物と親しくしていることを知ると…。

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク