So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 29話 [伝説の魔女]

ボンニョと家族に自分がジヌであることを打ち明けたウソク。

「無実を信じている」とボンニョに伝える。

ウソクがジヌだと知ったボンニョは、感動してうれし涙を流すのだった。

ヨンオクを実業家と信じ込むジュランは、ヨンオクが取り引きしている投資会社に入るために、ヨンオクに協力を要請する。

「推薦状を書いてほしい」と。

ヨンオクはジュランが順調に騙される様にほくそ笑むのだった。

大家と懇意になったプングムは、大家が用意したマンションへ引っ越すことになる。

プングムが間もなく簡易宿を出ると知ったウォランは心中穏やかではなく、プングムに提案する。

「もっと若い男を紹介してやるから引っ越すな」と。

だが、プングムを心変わりさせるのは難しそうだった。

売り上げが低迷していた魔法のベーカリーは、婦人会と和解したことで客足も徐々に増えていく。

ようやく落ち着いて店を運営できるようになったスインは、苦労を乗り越えたことに安堵する。

だが、まだまだ油断は禁物だった。

スインを敵視するジュヒが、魔法のベーカリーから取引先を奪おうと画策していたからだ!

そんな中、エンナンはテサンを恩人だと思っているウソクに真実を打ち明ける。

「アナタの命を救い、今まで支えてきたのは自分だ」と。

コブク製菓の資料も渡し、今まで写真を送ったことも伝える。

ウソクに真実を明かすエンナンは、テサンを破滅へ導くことも忘れてはいなかった。

シンファの株主たちを集めると、テサンの悪事を暴露する!

一方、ウソクは記憶を取り戻すため、ボンニョとビョルと共に春川へ向かう。

すると、さっそく失われていた記憶の断片が脳裏に!

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク