So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 27話 [伝説の魔女]

自分がボンニョの息子ジヌだというスインの話が信じられず、スインと一緒にガンチュンに会いに行くウソク。

写真の中の子供時代のウソクがジヌだと証言したガンチュンは、待ち合わせ場所に行かなかった理由をウソクに説明する。

「君がジェソプの婚外子を騙っているとテサンに聞いたから」と。

ウソクはガンチュンの証言により自分がボンニョの息子ジヌだ知ったものの、気持ちの整理がつかなかった。

自分がボンニョの息子であることが明白になるまで、ボンニョには伝えないことにする。

ミオと婚姻届を出したドジンに腹を立てるテサンは、ドジンを会社に呼びつけて言い放つ。

「お前の持ち株を回収するから譲渡契約書にサインしろ」と。

これに驚いたエンナンは、「目を覚ませ」とドジンを説得する。

しかし、ミオとクァンテンとの暮らしが大事なドジンには、いまさらシンファなどどうでもいい存在だった。

ジュランを懲らしめる計画を遂行するヨンオクは、ジュランを尾行して絵画の競売会場に行く。

そして、ジュランが買おうとしている絵を落札する。

自分を大物だと認識させることにより、後々の計画をスムーズに進めるためだ。

ヨンオクは、ひとまず第一関門をクリアするのだった。

ヨンオクが計画を順調に遂行する一方、低迷を続ける魔法のベーカリーにも朗報が届く。

スインたちは大家の口利きで、工場にパンを配達する契約を取りつけたのだ!

30年前にボンニョが埋めた書類を盗んで枕の中に保管していたタンシムは、枕の隠し場所を忘れて家中を捜し回る。

それを見たエンナンは、ボンニョの書類が枕の中にあるかもしれないと気付く。

そして、捜し続けていた書類をついに見つけ出す!

そんな中、シンファを辞めることを決心したウソクは、テサンに辞表を渡しながらガンチュンに自分のことを詐欺師だと話した理由を問いかける。

すると、テサンは自分が30年前にジヌを救ったフリをしてウソクを言い包める。

その頃、テサンの命令でジヌを助けた人物を捜していたウォンジェは、ついにその人物がエンナンだと突き止める。

ウォンジェから報告を受けたテサンは…。

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク