So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 25話 [伝説の魔女]

30年前にコブク堂で働いており、コブク堂の情報を求めるウソクと会う約束をしたガンチュン。

姉のように慕っていたボンニョにも連絡して会う約束をする。

そんなガンチュンの前に現れたウォンジェは、ウソクを悪者に仕立てる嘘を吹き込む。

「ウソクはジェソプ(ボンニョの亡夫)の息子のフリをしている」と。

ウォンジェの嘘を疑わないガンチュンは、「ジヌは死んだはずだ」とウソクに嫌悪感を示す。

すると、テサンもガンチュンの嫌悪感を煽るための嘘を吹き込む。

「ウソクはジェソプの婚外子だと言いふらしている」と。

知らないうちに悪者に仕立てられたウソクは、待ち合わせ場所でガンチュンを待ち続ける。

そこにはガンチュンと会う約束をしたボンニョもいた。

待ち人が同一人物だと知らずに待ち合わせ場所で偶然会ったウソクとボンニョは、ガンチュンが現れなかったため一緒に食事をするのだった。

ミオと婚姻届を出したドジンは、家族と縁を切ってミオやクァンテンと暮らすことにする。

しかし、ミオやクァンテンと暮らす部屋を借りるお金がないため、ウォランが暮らす簡易宿に転がり込むことに。

ドジンとミオが婚姻届を出したことを知ったエンナンは、無鉄砲な2人に腹を立てるのだった。

ミオが貧しいながらも幸せを掴む一方、婦人会に悪評を立てられた魔法のベーカリーは、相変わらずパンが売れない日が続く。

投資者のヨンオクにとって売り上げの低迷は見過ごせない問題だ。

イムンの代わりとして老人を紹介されたことに気を悪くしていたヨンオクは、スインたちに八つ当たりのような禁止令を出す!

「店が軌道に乗るまで恋愛は禁止」と。

恋愛禁止令を出されなくても仕事に精を出すスインたちは、ある日、男に絡まれる若い女性を助ける。

偶然にもその女性は婦人会長の娘だった。

そんな中、ウソクをシンファの奨学生に推薦した人物を調査していたテサンは、その人物がエンナンだったと知る。

一方、ボンニョとの約束をすっぽかすことになってしまったガンチュンは、再びボンニョに連絡して…。

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク