So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 17話 [伝説の魔女]

宝くじの1等に当選してボンニョに会いに行ったヨンオク。

刑務所であれだけ難癖をつけて絡んだにもかかわらず、図々しくもボンニョの部屋で寝ようとする。

しかし、ボンニョがそれを許すはずがなかった。

ヨンオクの羽振りの良さを不審に思うボンニョは、「泥棒とは一緒に寝られない」と言ってヨンオクを追い出す!

すると、プングムがヨンオクに救いの手を差し伸べる。

「一緒に簡易宿に泊まろう」と。

プングムはヨンオクのことを毛嫌いしていたにもかかわらず、ヨンオクが宝くじの1等に当たったことを知るや否やゴマをすり始めたのだ。

プングムは悲しいくらいお金に弱い女だった…。

ミオのことが忘れられないドジンが婚約式の最中に涙を流す頃、ドジンに未練が残っているミオも仕事中にぼんやり。

スインはミオの気持ちを察して早退させることにする。

ウソクのことが諦められないジュヒは、スインに会いに行く。

ジュヒにウソクとの関係を問いただされたスインは、「お互いに好意はない」と答える。

そして、ウソクにはジュヒが訪ねてきたことを話しながら、「ジュヒが自分たちの関係を誤解している」と伝える。

それを聞いたウソクは、スインに自分の気持ちが伝わっていないことにもどかしさを感じる。

一方、スインの答えを聞いて一度は安心したジュヒは、再び不安に陥る。

幼稚園でビョルの母親代わりをするスインを目撃したからだ。

ジュヒはスインに激怒し、ウソクから離れるよう警告する!

そんな中、スインに「ミオのことは心配するな」と忠告されたドジンは、ミオとスインが一緒に暮らしていることに疑問を抱く。

そして、2人が刑務所で出会ったことを知る。

留学したと思っていたミオが刑務所にいたことを初めて知ったドジンは、嘘をついたエンナンに激怒する。

そのままじっとしていられず、タンシムを連れてスインのフードトラックに向かう!

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク