So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 11話 [伝説の魔女]

襲いかかってきたキム店長を殴って難を逃れたスイン。

しかし、キム店長が「スインが店の金を盗もうとした」と偽の証言をしたため、暴行罪で告訴される羽目に…。

スイン逮捕の連絡を受けて警察署に駆けつけたウソクは、「スインはそんな人じゃない」と刑事に訴える。

さらに、スインの潔白を証明するため、スインに濡れ衣を着せたキム店長の病室を訪ねる。

すると、キム店長はウソクに示談金として1千万ウォンを要求する!

何としてでもスインを助けたいウソクは、キム店長に1千万ウォンを渡して示談にしようとする。

そんな時、スインの窮地を救う救世主が現れる。

その救世主とはボンニョに会いに来たプングムだ。

スインが暴行罪で留置場に入れられたことを聞いたプングムは、キム店長がスインを襲った証拠を探すためにボンニョとイムンを連れてマンスベーカリーに不法侵入。

スインの無実を証明する決定的な証拠をゲットすると、キム店長の病室に駆けつけて証拠を突きつける。

証拠を突き付けられたキム店長は、告訴を取り下げて謝罪するしかなかった。

プングムの活躍により事件は無事に解決することに!

一方、ウソクがプレミアム商品発売のためシンファ本社のチーム長になったことにより、エンナンはテサンのウソクに対する気持ちを勘ぐる。

エンナンに「ウソクをジュヒの結婚相手に考えているのか」と聞かれたテサンは、明言はしないものの「反対はしない」と答える。

しかし、これを知ったジュランは気がおさまらなかった。

このままではドジンが後継者に選ばれる可能性が高いため、「私たちはどうでもいい存在なの?」と怒りを露わにする。

さらに、ジュヒにも「子持ちの男に嫁ぐつもりなの?」と突っかかり、ウソクの亡くなった妻にも言及する。

それを聞いたジュヒは、姉が密かに自分たちを調べていたことに驚愕するのだった。

そんな中、施設を出たミオがクァンテンを連れてソウルにやって来る。

10房の元仲間たちとの再会を喜ぶと、行く当てのないスインと共にサウナに泊まろうとする。

すると、それを気の毒に思ったイムンが自分の家での同居を提案する。

こうしてイムン宅にはスインとミオ母子も合流し、賑やかな日々が始まることに!

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク