So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 8話 [伝説の魔女]

ジュランの浮気でマ家を出たウォンジェからテサンへの復讐を持ちかけられるスイン。

「自分のやり方で復讐する」と正々堂々と戦うことを伝え、提案を断る。

提案を断られたウォンジェは、スインを騙したことをネタにしてテサンを強請る。

「証拠を持っている」と。

テサンを見事に屈服させ、昇進を勝ち取ることに成功する。

一方、一足早く釈放されたボンニョは、長年心を通わすイムンの家で世話になる。

そこで初めてウソクがイムンの娘婿だと知って驚く。

ボンニョが加わったイムン宅にやって来たジュヒは、楽しい気持ちが一気に冷めることになる。

ウソクがビョルに「ジュヒとは特別な関係ではない」と伝えていたことを聞いてしまったからだ。

心を寄せているウソクの本心を知ったジェヒは、「私の気持ちを知ってるくせに…」と悲しみの涙を流す羽目に…。

ボンニョがいなくなった10房には、あの受刑者が移ってくる。

難癖をつけてボンニョにいつも絡んでいたヨンオクだ。

ヨンオクを警戒するスインたちは、ヨンオクが入所してから毎週宝くじを買っていたことに仰天する。

色々とわだかまりはあるが、10房はヨンオクの加入によって再び賑やかになるのだった。

製パンの授業を通してスインを見直し始めたウソクは、それが判断ミスだったと感じる場面に出くわす。

スインが「パンに人生を賭けたい」と言い出し、「パン作りを本格に教えてほしい」と頼み込んできたからだ。

ウソクはスインがパン作りを甘く考えているように感じ、反省文を書くよう指示するのだった。

テサン宅を訪ねてエンナンと再会したボンニョは、家族が入れ替わっていることが腑に落ちずに尋ねる。

「マ家に何があったの?」と。

すっかり人が変わってしまったエンナンにも驚き、タンシムに会わせるよう要求する。

しかし、願いは受け入れられなかった。

そんな中、スインたちはようやく出所の日を迎えることに!

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク