So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 7話 [伝説の魔女]

シンファ製菓のパン工場へ視察に行き、ボンニョに話しかけられるテサン。

旧知の仲をアピールするボンニョが疎ましいのか、素知らぬ態度でとぼける。

そんなテサンと鉢合わせしたスインは、濡れ衣で刑務所送りにされた怒りがこみ上げる。

「卑怯者」とテサンにパンを投げつけ、懲罰房に入れられる羽目に…。

そんな中、10房では悲しい別れを迎えることになる。

18ヶ月になったクァンテンが施設に預けられることになったのだ。

そして、クァンテン以外にも特赦で釈放が決まったボンニョが10房を去ることになる。

ボンニョを母のように慕っていたスインたちは、涙ながらに再会を誓う。

模範犯のボンニョの釈放が決まる一方で、ボンニョとは犬猿の仲のヨンオクは窮地に立たされていた。

ヤクザの親分の女房という嘘がバレてしまい、取り巻きたちから見放されていたのだ。

その頃、ジュヒと飲んでいたウソクは、ふとスインの話題を振る。

しかし、泥酔したジュヒの耳には届いておらず、仕方なく家まで送っていく。

あくまで親切心からの行為だったが、家の門の前で鉢合わせしたジュランからは「子持ちの男に妹を嫁がせるつもりはない」と罵声を浴びせられる羽目に…。

後日、パン作りの授業で刑務所を訪れたウソクは、スインが懲罰房に入れられたことを知る。

根っからのお人好しなのか、授業中に焼いたパンをスインに差し入れて励ます。

一方、ミオに愛憎入り混じった特別な感情を抱くドジンは、再び舞い込んできたお見合いの話に辟易する。

まったく乗り気になれず、身代わりとしてウォランをお見合いに行かせる。

そんな中、シンファグループを揺るがすスキャンダルが起きる。

ジュランが年下のアイドルと浮気をしているところを写真に撮られ、テレビでも報じられてしまったのだ!

娘の不貞を知ったテサンは、「お前が不甲斐ないからだ!」とウォンジェをなじる。

妻に浮気された上に舅にまでなじられたウォンジェは、どうにも腹の虫がおさまらなかった。

怒って家を出ていくと、服役中のスインの前に現れる!

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク