So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

伝説の魔女 あらすじ 6話 [伝説の魔女]

イムンの頼みで刑務所のパン講師になったウソク。

スインは、かつて一悶着あったウソクとの思いがけない再会に驚く。

そんな中、シンファグループはスイン逮捕の一件で企業イメージが悪化していた。

出世レースをリードしたいジュランの夫ウォンジェは、打開策としてグローバル化を打ち出す。

しかし、刑務所と提携することを提案したジュヒに出し抜かれてしまう。

一方、ドジンがハンセ流通の娘とお見合いすることを知ったジュランは、ドジンのお見合いを潰しにかかる。

お見合いをご破算にするため、「ドジンが恋愛を拗らせて刺された」と吹聴する。

これを知ったエンナンはお見合いを邪魔したジュランに激怒するが、ドジンはさほど気にしていなかった。

ドジンの関心はミオに向かっていたからだ。

その頃、刑務所ではボンニョが何かと難癖をつけてくるヨンオクと対立。

「いいかげんにしないとお前の過去をバラす」とヨンオクに警告する。

実はヨンオクはボンニョの家の元使用人で、ボンニョの親の財産を盗んで逃げた過去があったのだ。

だが、過去を知っているのはお互い様で、ヨンオクもボンニョの夫殺しをネタに反撃する!

もうすぐ息子クァンテンを刑務所で育てられなくなるミオは、息子を父親に託そうと電話をかける。

そして、父親が死んだことを知る。

引き取り手がいないクァンテンは施設に送られることになり、ボンニョたちは母子が引き裂かれることに胸を痛める。

そんな受刑者たちを警戒するウソクは、イムンが受刑者に心を寄せていることに難色を示す。

しかし、潔白を訴えるボンニョを信じるイムンを説得することは難しかった。

「偏見を持つな。彼女は素晴らしい女性だ」と反論される羽目に…。

そんな中、スインら訓練生は刑務所のプログラムの一環でシンファ製菓のパン工場に駆り出されることになる。

パン工場には視察に来たテサンたちがおり…。

伝説の魔女 各話あらすじ


スポンサードリンク