So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 58話~60話 [華政(ファジョン)]

【58話】
頑なに昭顕世子を否定する仁祖に取り入ったチョ淑媛。

ジャジョムと共に昭顕世子の暗殺を目論み、抱き込んだ医官を東宮殿に送り込む。

苦境に立たされた昭顕世子を救おうと奔走していた貞明公主は、ジャジョムとチョ淑媛の企みを察知するや仁祖の説得に赴く。

ジュウォンとイヌも貞明公主よりも先に東宮殿に駆けつける。

しかし、昭顕世子はすでに謎の死を遂げていた!

医官に世子の診察を命じたのは仁祖だと聞かされたジュウォンは衝撃を受け、世子嬪である嬪宮カン氏は「王様が息子を殺した」と泣き叫ぶ。

世子の死に直面して言葉を失った仁祖は、チョ淑媛とジャジョムを問い詰める。

チョ淑媛とジャジョムが世子暗殺の犯人だと確信していたからだ。

だが、あっさり犯行を見破られたチョ淑媛は仁祖の追及に怯まなかった。

怯まないどころか、「自分たちを断罪すれば王も責任を問われることになる」と仁祖を脅迫する!

【59話】
「昭顕世子を廃し新たな後継者を立てるべき」と主張してきたジャジョム。

王から全権を譲り受けるや否や、崇善君を世子に据えるための準備を始める。

同じ頃、鳳林大君が昭顕世子の遺志を継ぐことを望む嬪宮カン氏は、「世子になれ」と鳳林大君を説得する。

しかし、自分に王の資質はないと尻込みする鳳林大君は、なかなか首を縦に振らなかった。

すると、嬪宮カン氏と同意見の貞明公主も、昭顕世子が鳳林大君を評価していたことを伝えて後押しする。

ある日、ジャジョムは仁祖が温泉へ向かった隙に、便殿会議を開いて崇善君を世子にする命令書を発表しようとする。

ところが、そこに出かけたはずの仁祖が、貞明公主に説得されて戻ってくる!

貞明公主の説得で自らが王の器でないことを思い知らされた仁祖は、すでに答えを出していた。

勝手に事を進ませようとしたジャジョムを一喝すると、混乱する重臣たちに宣言する。

「鳳林大君を新たな世子の座に据える」と。

もちろんジャジョムから反発が起きるが、強気な態度でジャジョムの批判を突っぱねるのだった。

【60話】
貞明公主に説得された内容を深く考え、鳳林大君に早く政治を行わせようと考える仁祖。

鳳林大君を呼び寄せると、世子冊封後に自分の代理で政治を行うよう指示する。

晴れて世子に冊封された鳳林大君(以後、鳳林世子)は、堂々と政治に関わっていく。

次々と重臣たちの罪を問い、ジュソンとジャジョムにも追及の手を伸ばす。

焦ったジャジョムは、ジュソンと手を組み貞明公主と鳳林世子を打倒しようとする。

しかし、私利私欲にまみれた2人が上手く連携できるはずがなかった。

表向きは協力し合いながらも、裏では互いを陥れようと企んでいた!

そんな時、ジュソンとジャジョムの対立を目論む貞明公主と鳳林世子の作戦が発動し…。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク