So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 49話~51話 [華政(ファジョン)]

【49話】
志を同じくするジュウォンに協力することを決意し、チャン・マンを退かせたイヌ。

ジュウォンと友情を復活させると、すべてを終えてから話し合うことを約束して王宮に攻め入る準備を始める。

イヌという同志を得たジュウォンは、自分の役目を果たしに向かう。

反乱軍に押されながらも、必死に応戦する。

そして、激闘の末に反乱軍を撃退したジュウォンとイヌは、王宮奪還に成功する!

こうして反乱が鎮圧されると、無責任な奴らが王宮に戻って来る。

国と民を捨てて都から避難した仁祖と重臣たちだ。

しかも、何食わぬ顔で王宮に戻って来た重臣たちは、保身に走ることで頭がいっぱい。

ジュソンは都から逃げ出したことを正当化するため、「反乱は都の守備の甘さのせいで起きた」と主張。

すると、ジャジョムは後金の脅威を認識しながらも、「国境より都の守備強化を優先すべきだ」と仁祖をそそのかす。

すっかりジャジョムたちに主導権を握られた仁祖は、どうすべきか頭を悩ませる。

都の守備より国境の守備の方が重要だと思いながらも、ジャジョムたちに逆らうことが出来ず…。

【50話】
自分の利益のためなら朝鮮が後金の属国となるのも厭わないジャジョム。

仁祖の動向を見守っていた貞明公主は、そんなジャジョムの意見に耳を貸した仁祖の決定に失望する。

イ・グァルの乱から数年後。

後金による第一次朝鮮侵攻が起き、国力が弱っていた朝鮮は再び混乱に包まれる。

すると、仁祖はまたもや国と民を捨てて都から避難する!

しかし、結局は後金に降伏するしかなく、この戦によって多くの民が後金の捕虜となる羽目に…。

時は流れ1636年。

後金との国境地帯で警備にあたる朝鮮兵たちは、後金から逃げて来た捕虜たちを目にする。

助けたいのはやまやまだが、後金との条約のせいで助けることが出来ず…。

その頃、仁祖の長男である昭顕世子は落ち着かない様子だった。

嬪宮カン氏の出産が間近に迫り、子供の誕生を心待ちにしていたいからだ。

教育係のジュウォンは学問に集中しない昭顕世子をたしなめるものの、逆に笑われることになる。

貞明公主の陣痛の知らせを聞くや否や、そそくさと帰宅したからだ。

何はともあれ、カン氏も貞明公主も無事に男児を出産するのだった。

【51話】
国境地帯では後金から逃げて来た朝鮮の捕虜を送り返そうとするたび襲撃団が現れ、捕虜を解放するという事件が続いていた。

いよいよ朝廷が捜査に乗り出すことになると、昭顕世子は貞明公主にその事実を伝える。

実は、朝鮮の行く末を憂い同志として深い絆を築いた貞明公主と昭顕世子こそが、この襲撃事件の黒幕だったのだ!

ある日、仁祖のもとに後金から命令書が届き、王宮は大騒ぎになる。

国名を清と変えた後金(以後、清)が、朝鮮に明との関係を解消して自国と君臣関係を結ぶよう求めてきたからだ。

それは事実上の宣戦布告であった。

一方的な命令に憤る仁祖は、清の使者の出迎えを頑なに拒む。

しかし、清の使者も一切の譲歩を許さず、清と朝鮮の間に緊張が走る。

成り行きを見守っていた昭顕世子は、戦を避けるために自分が代わりに出迎えることを申し出るが…。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク