So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 43話~45話 [華政(ファジョン)]

【43話】
濡れ衣で逮捕された貞明公主を案じ、無実を証明しようとするジュウォン。

王が貞明公主を罠にハメたことを証明する品を探させるため、旧火器都監の職人たちを捕盗大将のイ・グァルの屋敷へ忍び込ませる。

ところが、簡単に証拠品を盗み出せそうにはなかった。

イヌがジュウォンたちの怪しい動きを察知したからだ。

ジュウォンの狙いが読めたイヌは、職人たちを捕らえるためイ・グァルの屋敷へ向かう!

一方、仁祖から度重なる打診を受けて領議政の職を引き受けたウォニクは、真っ先に王に進言する。

「貞明公主を許すべき」と。

これが癇に障った仁祖は拘束されている貞明公主に会いに行き、「すぐにでもウンソルたちを殺してやる」と脅す。

その頃、オクチュと共に自白を強要されるウンソルは、「そんな事実はなかった」と訴えていた。

貞明公主を守るため、最後の機会を与えられても頑なに拒むのだった。

そんな2人の前に現れた貞明公主は、拷問に耐えるウンソルとオクチュを見かねてでっち上げられた罪を認める。

「自分が指示した」と。

【44話】
ウンソルとオクチュを救おうとする貞明公主の良心を利用して、無実の罪を認めさせることに成功した仁祖。

だが、貞明公主を謝罪させても溜飲を下りなかった。

「お前はまだ自分を見下している」と難癖をつけ、「お前たちの命はない」と恫喝する!

一方、イ・グァルの屋敷に到着したイヌは、証拠品を見つけて帰ろうとする旧火器都監の職人たちと鉢合わせ。

すぐに身柄を拘束すると、訓練都監に連行する。

しかし、貞明公主が呪いの件を自らの仕業と認めたと知ると、不正に加担して愛する人を見殺しすることなど出来なかった。

証拠品を所持していた職人たちを釈放すると、職人たちを助けようと訓練都監に乗り込んできたジュウォンに密かに協力することに!

【45話】
イヌのおかげで貞明公主が罠にハメられたことを証明する品を入手したジュウォン。

朝報所を動かしてイ・グァルとヨジョンが交わした書簡を緊急公開し、都中に貞明公主の無実を白日にさらす。

ジュウォンの活躍により釈放された貞明公主は、単身で仁祖を訪ねる。

そして、イ・グァルに罪を着せて「濡れ衣が晴れて良かった」ととぼける仁祖に、要求を突き付ける。

「ジャジョムとヨジョンを差し出してほしい」と。

さらに、自分の立場がますます悪くなるのを承知で、仁祖に直談判する。

「善良な王になりたいならジャジョムとヨジョンを追放し、朝廷の重臣たちにその決意を見せてほしい」と。

一方、拷問で生死を彷徨っていたウンソルは意識を取り戻す。

ウンソルの回復を知って安堵の涙を流す貞明公主を見たジュウォンは、貞明公主を危険から守るために一大決心をする。

貞明公主との婚姻を決意し、仁穆大妃の許しも得る!

そんな中、仁祖は頭を悩ませていた。

貞明公主の要求通り、ジャジョムとヨジョンを追放すべきかについて…。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク