So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 37話~39話 [華政(ファジョン)]

【37話】
ついに後金との和親にこぎつけた光海君。

後金への返書を伝令に託すと、「公主とイヌの結婚は許さない」と宣言し、ジュソンを謀反の罪で捕らえるよう命じる!

貞明公主とイヌの結婚を前提とした勢力固めに動き出していた西人派の重臣たちは、呆気に取られるのだった。

一方、後金から無事帰還したジュウォンは、突如姿を消した貞明公主を案じる。

再会した光海君から「絶対に公主を取り戻し、国と火器都監を必ず守る」と約束されると、自分も光海君についていくことを決心する。

その頃、ヨジョンを宮中入りさせたゲシは、ヨジョンが王宮から姿を消したことで自分の過ちに気付く。

「ヨジョンは何者かの間者だった」と。

自分が光海君を危険に陥れたことに慄いたゲシは、光海君に頭を下げに行く。

だが、光海君から逆に優しい言葉で慰められてしまい、光海君への秘めた想いが…。

一方、ヨジョンを陰で操って貞明公主を拉致したジャジョムは、仁穆大妃を恫喝して謀反に協力させようとする。

光海君が後金への投降を指示した証拠を手に入れた綾陽君も、それを西人派に突き付け謀反を起こすよう煽り立てる!

貞明公主と火器都監を守りたい光海君からある命令を下されたイヌは、ジュウォンに貞明公主を救出する計画を教える。

ジュウォンは火器都監の職人と共に有事に備えるが…。

【38話】
光海君から王座を奪取するため、ジャジョムと共に謀反を起こす綾陽君。

イヌの手引きで王宮の正門を突破すると、兵士を率いて意気揚々と便殿に攻め入る。

しかし、玉座に光海君の姿はなかった。

綾陽君の謀反に抗戦せず王座を譲ることを決意した光海君は、密かに王宮を抜け出し人目を避けながら無事に救出された貞明公主に会いに行く。

そして、「なぜ王座を手放した?」と涙ながらに訴える貞明公主に告げる。

「今は不義が勝っても希望を捨てるな。お前たちは生き残って朝鮮を守ってほしい」と。

光海君は貞明公主と火器都監、そして祖国である朝鮮を守るために自分が犠牲になる覚悟だったのだ。

その後、王宮を占拠した綾陽君は、血眼になって光海君を捜索する。

王宮に連行された光海君を廃位すると、光海君の支持勢力である大北派の重臣たちも捕らえる。

この瞬間、綾陽君は朝鮮の新たな王となる!

【39話】
光海君を初めて屈服させ、朝鮮第16代王となった綾陽君(以後、仁祖)。

目障りな光海君の勢力を一掃するため、光海君が大切に育てた火器都監の人々を後金と内通した罪で捕らえる。

しかし、火器都監を簡単に排除できそうにはなかった。

これに反発した貞明公主が席藁待罪で火器都監の人々の無実を訴え、民の同情が貞明公主と火器都監の人々に集まり始めたからだ。

貞明公主にしてやられた仁祖は、火器都監の人々を放免せざるを得ない状況に…。

その後、光海君の側近たちは次々と処刑され、ゲシやイチョムも斬首刑に処される。

流刑となった光海君も、貞明公主に国の将来を託して流刑地へ向かう。

その様子を歯がゆい思いで見守っていた貞明公主は、光海君の意志を継ぐことを固く誓うのだった。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク