So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 34話~36話 [華政(ファジョン)]

【34話】
仲間を逃がす時間稼ぎのために陣営に残り、後金の捕虜となったジュウォン。

瀕死の状態ながらも、貞明公主を案じる。

その頃、反乱の準備を進めようとしていた綾陽君は、仁穆大妃の誕生日の宴を開いて西人派を取り込もうとする。

しかし、宴は貞明公主の反対により中止となる。

西人派を取り込むどころか、大恥をかかされた綾陽君は怒り狂うのだった。

そんな中、光海君は明と後金の板挟みで身動きが取れず、頭を悩ませていた。

この状況で暗躍したのがゲシだ。

イヌに貞明公主を手に入れる秘策を授けたゲシは、貞明公主に頭を下げる。

「王様を救うにはイヌと結婚するしかない」と。

ジュウォンの帰りをひたすら待ち続ける貞明公主は、自分を利用することしか考えていないゲシに腹を立てる。

だが、朝廷でも孤立状態である光海君のことを思うと、気持ちが揺れ始めるのだった。

一方、ゲシから秘策を授けられたイヌは、綾陽君を王座に据えようと企んでいるジュソンに貞明公主との婚姻を申し入れる。

貞明公主が光海君の味方だと考えるジュソンからは良い返事を貰えるはずがなかったが、イヌにはそんな父を説得する切り札があった。

「貞明公主の義父になれば光海君を意のままに操れる」とそそのかし、「貞明公主と結婚する方が綾陽君を王に据えるより安全だ」と提案する!

【35話】
イヌから貞明公主との婚姻話を聞き、光海君と綾陽君のどちらにつくべきか悩むジュソン。

結局、イヌの提案が得策と考え、綾陽君を切り捨て光海君を選ぶ手はずを整える。

その頃、後金の密使と会う光海君は、ある決断を下す。

朝鮮兵の捕虜を取り戻すため、後金と和親関係を結び、要請に応じること。

光海君はこの決定により支持勢力である大北派の重臣たちからも猛反対に遭い、とうとう朝廷全体を敵に回す羽目に…。

光海君の心情を察した貞明公主は、綾陽君の指示で火器都監を襲撃した民たちの前で訴える。

「王様が民の命を何よりも第一に考えていることを知ってほしい」と。

それだけにとどまらず、ついにイヌとの婚姻を決断する!

【36話】
光海君を訪ね、「イヌとの婚礼を許可してほしい」と願い出る貞明公主。

貞明公主の意図を見抜いた光海君は、「誰の入れ知恵だ?」と問いかける。

「王族の婚姻に政治はつきものであり、結婚は自分自身のためだ」という貞明公主の説得にも納得せず、「自分の王座のために公主を犠牲にさせるわけにはいかない」と反対する。

その後、光海君は朝鮮軍を救うためにも一旦は貞明公主の願いを聞き入れるが…。

同じ頃、後金では朝鮮への見せしめのために朝鮮兵の処刑が行われようとしており、後金の捕虜になったジュウォンをはじめとする朝鮮兵たちは処刑場へと連れて行かれる。

ところが、処刑台に立たされたジュウォンの首に縄がかけられた瞬間、処刑が中断される。

間一髪のところで後金の使者が現れたからだ。

後金の兵士に扮して助けるタイミングを見計らっていたジャギョンは、牢に戻されるジュウォンを救い出すや朝鮮を目指すのだった。

そんな中、綾陽君を王座に据える計画を立てていたジャジョムは、ついにその計画を実行に移す!

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク