So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 28話~30話 [華政(ファジョン)]

【28話】
光海君を訪ね、「硫黄職人として火器都監に残って国に尽くす」と告げる貞明公主。

しかし、光海君を許すつもりはなかった。

間もなくして明と後金の戦争が始まり、朝鮮は不穏な空気に包まれる。

明への派兵だけは何としても止めたい光海君は、ジュソンに西人派の説得を任せようとする。

だが、明との繋がりを絶ちたくないジュソンが大人しく光海君に従うはずがなかった。

ジェソンはイチョムを使って西人派と大北派を逆転させ、大北派が出兵に反対するよう仕向ける。

陰で暗躍するジェソンとは別に、堂々と光海君に反旗を翻す者も現れる。

その者の正体は、光海君の甥である綾陽君だ。

次の王座を狙う綾陽君は王宮の前に座り込み、明への派兵を直訴したのだ!

さらには仁穆大妃の光海君への怒りを煽りたて、貞明公主を味方に引き入れようとするのだった。

そんな中、明からの派兵要請に関する便殿会議が開かれる。

光海君は反対勢力である西人派も派兵に反対したことで胸をなでおろす。

ところが、次の瞬間に憤怒することになる。

あろうことか自分の支持勢力である大北派の重臣が、「派兵に賛成する」と言い出したからだ!

【29話】
後金や明の戦況に関する情報収集に奔走するジュウォン。

ジャギョンから倭国の商人イダチが朝鮮に来ていることを聞かされると、すぐさま貞明公主とジャギョンと共に重要な情報を持っているであろうイダチに会いに行く。

案の定、イダチが持っていた情報は驚くべきものだった。

明は朝鮮が派兵を拒んだ場合、朝鮮に攻め込むつもりだったのだ!

ジュウォンの報告で明の目的が後金ではなく朝鮮だと知った光海君は、最悪の場合は明と全面戦争も辞さない覚悟を決める。

ところが、綾陽君の浅はかな行動で窮地に立たされることになる。

ジュソンから同じ情報を入手した綾陽君が再び王宮の前で座り込みを行い、「朝鮮が派兵しない場合、明は朝鮮に攻め入る予定だ」と民に知らせてしまったからだ。

国を混乱に陥れた綾陽君に激怒した光海君は綾陽君を便殿に呼び出し、情報の入手先を尋ねる。

だが、綾陽君から自分の失政を厳しく追及されてしまう。

ますます綾陽君に激怒した光海君は、綾陽君が王座を狙っていたことを以前から知っていたことを明かして上で吐き捨てるように言い放つ。

「お前など恐れるに足りない」と。

【30話】
光海君が派兵要請に応じざるを得ないよう追い込むため、綾陽君に情報をリークしたジュソン。

綾陽君の力量を見極めるため、民を財力で綾陽君の味方につける。

裏でジュソンが手を引いているとも知らずに、民が自分のもとに集まってきたのを自らの求心力と勘違いした綾陽君は暴動を起こす!

「いずれ明は負ける」という確信から派兵に消極的な光海君は、民の前に出て説得を試みようとする。

だが、兵士たちが暴徒を武力で鎮圧したことで大騒動が起き、説得どころではなくなってしまい…。

暴動の翌日、貞明公主は火器都監の硫黄職人たちから預かった上訴文を持って光海君を訪ね、「出兵を許可してほしい」と願い出る。

自分も火器都監の一員として一緒に戦地へ向かう覚悟も決めていた。

貞明公主が戦地へ行くと聞いたジュウォンは、貞明公主を火器都監に入れたことを心から後悔し、「二度と失いたくない」と止めようとする。

その一方でイヌは、片思いに苦しんでいた時に「貞明公主を手に入れる方法がある」と声をかけてきたゲシを訪ね…。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク