So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 19話~21話 [華政(ファジョン)]

【19話】
火器都監で数珠を捜すファイに「王様が呼んでいる」と声をかけるゲシ。

ファイに茶を淹れさせた光海君は、頭を下げて座っているファイに刀を突き付けて凄む。

「何者か正体を明かせ!」と。

茶の淹れ方を見て、王族の作法を知っている者だと怪しんだからだ。

「緊張していたから」と言い訳をしたファイは、一貫して「自分を田舎の漁民の息子だ」と嘘をつく。

刀を突き付けられても動じることはなかった。

ず殺せるなら殺せと居直るファイ。

肝の据わったファイを見た光海君は、さらに疑いを深めのだった。

一方、女官がファイの数珠を身につけているのを見つけた仁穆大妃は、慶運宮に「観音の目」の数珠が落ちていたことを知ってビックリ。

貞明公主の生存に期待を抱き、数珠を拾った門番を問いただす。

「女が訪ねてこなかったか?」と。

数珠の件で仁穆大妃に問いただされた門番は、この一部始終をゲシに報告する。

報告を受けたゲシは、仁穆大妃の変化に警戒を強めるのだった。

そんな中、明は朝鮮に出兵を命じるため、事前通告もなく使節団を送ってくる。

これを事前に承知していたジュソンとホ・ギュンは、仁穆大妃を利用して光海君の失脚を目論む!

【20話】
ファイが無くした数珠を捜すよう頼まれ、ホ・ギュンに相談したイヌ。

イヌが捜していた数珠と、慶運宮の門番が拾った数珠が同じ物だと気付いたホ・ギュンは、数珠の持ち主であるファイを誘拐。

光海君の手下だと疑うファイを柱に縛りつけると、その正体と目的を聞き出そうとする。

ホ・ギュンの狙いが光海君だと知ったファイは、狙いが同じであることを伝える。

「自分も光海君を王座から引きずり下ろすことが目的だ」と。

仁穆大妃との面会を要求し、ホ・ギュンの本心を探りながら「手を組もう」と提案する。

一方、光海君は重臣たちの要請により明の使臣団に挨拶に行く。

しかし、使臣団は約束の場所に現れなかった。

使節団は出兵を拒んだ光海君を挑発するため、先に仁穆大妃が捕らわれている慶運宮へ足を運んでいたからだ。

その知らせを聞いて憤りを露わにした光海君は、明の非礼を目の当たりにして動揺する重臣たちに明への対処について意見を求める。

だが、明に怯えて派兵するつもりは一切なかった。

そんな中、ファイは火器都監を離れることを決心する。

「自分がいると迷惑がかかる」とジュウォンに別れを告げると、屋敷を出ていくのだった。

【21話】
ファイに「仁穆大妃と会わせる」と約束したホ・ギュン。

しかし、ファイが仁穆大妃と会う約束の日、仁穆大妃に罠を仕掛ける。

仁穆大妃に書状を送り、のこのこと出掛けたところを謀反の罪で捕らえさせたのだ!

一方、ホ・ギュンが父ジュソンと会っていたことを知るイヌは、今またジュソンと会っているホ・ギュンを怪しく思う。

ホ・ギュンを殴りつけると、小刀を突きつけ問い詰める。

イヌに迫られたホ・ギュンは、「光海君に恨みを持つ者同士、ファイと手を組んだ」と答える。

そして、「観音の目」が貞明公主の物であることをファイから聞かされたことを明かす。

ジュウォンから「ファイが母親からもらった「観音の目」を捜している」と聞いていたイヌは、ホ・ギュンの告白でファイが貞明公主だと確信。

「貞明公主なのか?」とファイを問い詰める。

イヌに迫られたファイは、「違う」と必死で否定するが…。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク