So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 16話~18話 [華政(ファジョン)]

【16話】
火器都監で大惨事が起きる。

ファイが触った釜から吹き出す怪しい蒸気のせいで次々と職人が倒れ、死者まで出てしまったのだ!

ジュソンの推薦で火器都監提調の任を引き受けたジュウォンの父ホン・ヨンは、情け容赦なく息子のジュウォンを逮捕する。

「自分が原因究明する」と申し出たファイも、倭国の間者と疑われ逮捕される羽目に…。

一方、明の顔色を窺い火器都監の存在を疎ましく思っていた西人派は、待っていたと言わんばかりに光海君の元に押しかける。

そして、火器都監の閉鎖を訴える。

西人派に詰め寄られた光海君は、すぐに自分が罠にかかったことに気付く。

「王様が倭国の間者を火器都監に採用し、この騒ぎを扇動した」と記された書状が、重臣たちに一斉に届いたと知ったからだ。

興奮から覚めた光海君は、火器都監での騒動の黒幕はジュソンだと疑い始めるのだった。

そんな中、ジュウォンは事故の原因を調べさせるためにファイを隠し通路から逃がす。

さらに、光海君を初めて「王様」と呼び、「火器都監を守ってほしい」と訴えるのだった。

【17話】
ジュウォンによって火器都監から逃がされたが、手配書が町に貼り出されてしまったファイ。

都で唯一頼れるイヌに協力を求め、硫黄長のヨンブと煙硝長のボンスにも「力を貸してほしい」と頼みに行く。

事故の真相解明に奔走するファイは、封鎖中の火器都監に侵入。

有毒な煙が出た原因がたき口で石炭と一緒に硫黄を燃やしたためと突き止めるが、硫黄の特性により証拠が立証できず焦りを感じる。

一方、ジュウォンを助けるためファイに協力するイヌは、火器都監からマ職人が逃げたことを突き止める。

だが、マ職人はドハの命令で都から逃げ出そうとしていた!

そんな中、父から拷問を受けるジュウォンは、一貫して光海君の関与を否定する。

「ファイを倭国から連れてきたことも、火器都監に入れたことも自分の判断だ」と。

そして、火器都監を守るため、光海君に進言する。

「自分を処刑して事態を収拾してほしい」と。

ジュウォンの気持ちを酌んだ光海君は、やむなくジュウォンの斬首を宣言するが…。

【18話】
ジュウォンの斬首刑は一時中断される。

連行されたファイが、「王様のことを以前から知っていた」と証言したからだ。

同じ頃、ファイに「証拠はなくても証人を捜し出せる」と助言を受けたイヌは、マ職人と彼が着ていた作業着を見つけるため奔走していた。

そして、都から逃げ出そうとしているマ職人を間一髪で阻止する。

イヌの文で真犯人が他にいることを知った光海君は、マ職人がドハの推薦で火器都監に入ったことを知る。

これを重臣たちの前で発表すると、ドハを捕えるためジュソンの屋敷にホ・ギュンを送る。

しかし、ここで想定外の事態が発生する。

王の部下であるはずのホ・ギュンが、ドハを自害に見せかけて殺してしまったのだ!

ドハに死なれてしまった光海君は、黒幕のジュソンも捕らえ損ねる羽目に…。

潔白が証明されたファイは、拷問で傷ついたジュウォンを看病する。

騒動の最中に腕につけていた数珠を無くしたことに気付くと、火器都監に探しに行くが…。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク