So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 13話~15話 [華政(ファジョン)]

【13話】
密かに間者として明に潜入していたホ・ギュンを朝廷に呼び寄せ、影の反対勢力を見つけようとする光海君。

まずは江戸で硫黄の取引を邪魔した黒幕を探すため、ユン・ドハを探らせることにする。

しかし、ゲシの助言によりドハを巡る人間関係を知ると、ジュソンを注視するようになるのだった。

一方、任務を成功させて倭国から帰国したジュウォンは、報告のために王宮へ出向く。

闇取引が硫黄の取引を邪魔した黒幕を見つけ出すための囮だと知ったことには触れず、淡々と硫黄の闇取引について報告する。

光海君の挑発にも平然と対処するのだった。

そんな中、朝鮮に帰国したファイは、ジュウォンが王宮に行った隙に漢陽の町で仁穆大妃の消息を聞いて回る。

仁穆大妃が王宮を追い出されて侘しく過ごしていることを知ると、受け入れがたい現状に胸を痛める。

沈んだ顔でジュウォンの屋敷に戻ったファイを見つけたイヌは、遊び人の本領を発揮する。

手首を掴んだだけでファイが女だと見抜いたのだ!

全く予期していなかった展開に驚いたジュウォンは、「ファイは男だ」と主張する。

ファイがあっさり女だと認めると、そんなファイに怒りさえ覚えるのだった。

【14話】
ジュウォンの屋敷に忍び込んだ覆面男を捕らえ、それが父の部下だったことに驚いたイヌ。

父が親友のジュウォンにまで手を出そうとしていることにショックを受けるが、家族より友情を守る覚悟を決める。

一方、火器都監で働けるようにするとファイに約束をしていたジュウォンは、その約束を一方的に破棄しようとする。

男だと思っていたファイが女だったからだ。

しかし、硫黄の製錬技術「焼き取り法」を習得しているファイを手放すのは躊躇われた。

ひとまずファイを火器都監に連れて行き、その腕を確かめることにするのだった。

そんな中、光海君は明の出兵要請を拒むことを重臣たちに告げる。

明との衝突を懸念する西人派の重臣たちから猛反発に遭うが、想定内の反応に怯むはずがなかった。

国力増強のために力を入れていた火器都監の内部を重臣たちにお披露目すると、大量の硫黄を確保したことや、火薬製法の秘伝の書を手に入れたことを告げる!

【15話】
「焼き取り法」を取得していたことを実証するファイ。

ところが、火器都監のそばにいたところを不審者として捕らえられてしまう。

取り調べをしようとする兵曹判書イチョムの前に現れた光海君とついに再会したファイが挑戦的な態度を取る一方、ジュウォンは光海君を説得する。

「火器都監には焼き取り法を習得しているファイが必要で、自分が全責任を取る」と。

挑戦的な態度を取るファイを怪しんでいた光海君は、ジュウォンの説得によりファイの評価を一変。

ファイを硫黄職人として火器都監に採用するという王命を下す。

この一件で光海君が火器都監に力を入れていることを知ったジュウォンは、光海君を憎みながらも惹かれていく。

一度も「王様」と呼んだことがない光海君のことを「今の国に必要な方だ」と認めるのだった。

そんな中、ジュソンが「王の上に立つ者」だと睨む光海君は、「火器都監の提調を務めてほしい」と提案して反応を窺う。

硫黄の国内生産に反対しているジュソンは、光海君の真意が読めず困惑する。

だが、いつまでも困惑しているはずがなく、倭国から来たファイを利用して光海君とジュウォンを破滅させる策略を練り始める!

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク