So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 7話~9話 [華政(ファジョン)]

【7話】
貞明公主と永昌大君に敵対心を抱くこともなく、兄として優しく接していた光海君。

ゲシの「貞明公主と永昌大君を殺すよう指示した」という言葉に逆上し、ゲシに向かって刀を揺り上げる。

その時、遠くから爆発音が!

火の手が上がった場所に馬を走らせた光海君は、激しく燃え盛る船を目にして貞明公主の死を直感。

火の海となった渡しを前に泣き崩れるのだった。

数日後、流刑に処された永昌大君も亡くなったという知らせが届き、ゲシは二人の死は事故死として処理しようとする。

怒りを露わにする光海君から勝手な行動を責められるが、「玉座を守るためには必要な選択で、自分は代わりにしただけだ」と居直る。

その頃、永昌大君まで殺されたことを知った仁穆大妃は、涙を流して息子の死を悼んでいた。

そして二人を死に追いやったと思い込む光海君への復讐を誓うのだった。

そんな中、ドッキョンやジュウォンのおかげで一人だけ小舟に乗って逃げた貞明公主は、海を漂流していたところを倭国の海賊船に拾われる。

そのまま倭国に連れて行かれると、男として硫黄鉱山に売られる羽目に…。

【8話】
長崎で奴隷として働くことになり、奴隷の親分格のジャギョンから「朝鮮での自分は忘れろ」と忠告された貞明公主。

女であることを気づいた主管マルノに遊郭へ売られそうになると、忠告を無視して「自分は朝鮮の公主だ」と明かす。

だが、一笑に付されるだけだった。

朝鮮の商人から国の内情を聞いたマルノは、貞明公主にその話を聞かせる。

「王によって大君と公主は殺された」と聞かされた貞明公主は、死を望むほど絶望することに…。

一方、お忍びでドッキョンの家を訪れた光海君は、そこで先王・宣祖の検死日誌を発見する。

「なぜ先王の検死日誌を持っているのか?」と問われたドッキョンは、「王の指示で先王は毒殺され、また毒を盛った者の体にはその痕が残っている」と答える。

誰よりも信頼していたドッキョンに先王暗殺の黒幕だと名指しされた光海君は、悲しみの涙を流す。

しかし、いつまでも悲しんでばかりはいられなかった。

ゲシの腕に毒を盛った痕を見つけたからだ。

光海君がドッキョンを訪ねた時点でこうなることを予感していたゲシは、光海君に驚愕の提案をする。

「毒殺の証拠を消し去るためには実行犯の自分とイチョムが自害し、全てを知ったドッキョンは始末するしかない」と。

【9話】
ドッキョンに先王毒殺の件を知らせたのはナム・サゴの予言を教えてきた者だと知り、ドッキョンの懐柔を試みる光海君。

ドッキョンの信念が変わらないことを察すると、仕方なくドッキョンを始末するよう命じる。

右腕に抜擢するほど信頼していたドッキョンにまで手をかけた光海君は、自らの政治のためには手段の選ばない王へと変貌していくことに!

ある日、貞明公主の生存を信じるジュウォンは、光海君の行列の前に立ちはだかり「アナタには王の資格がない」と怒りをぶちまける。

大事にはならなかったものの、自分の力の無さを痛感させられることに…。

月日が流れ、長崎の硫黄鉱山で「ファイ」と名を変えて生き延びた貞明公主(以後ファイ)は、硫黄の製造にも精通するなど鉱主からも一目置かれる存在に成長していた。

ある日、ファイは朝鮮との硫黄の取引の場に立ち会い、窮地に立たされた仲間を危機から救う。

しかし、硫黄に関する知識もない朝鮮の商人に疑問を抱くのだった。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク