So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

王の顔 あらすじ [王の顔]

「王の顔」は新たな光海君像を描いた歴史ドラマ!

【作品紹介】
ソ・イングクの時代劇初主演作で、朝鮮王朝中期を描いた話題作。

観相をテーマにした珍作で、架空の人物も登場している。

【キャスト】
光海君(ソ・イングク)
朝鮮王朝15代王。
宣祖が最も愛していた側室の次男で、誰よりも父に大事されたが、後に冷遇される。
常に暗殺の脅威に晒されながらも世子の座を守り、人間の顔から心を読み取る「観相」を利用して王の座に就く。
一本気な性格で、王室や両班といった身分制度を嫌っている。

キム・カヒ(チョ・ユニ)
光海君の幼馴染で初恋相手。
二頭の龍に仕える相を持ち、女として生きれば一族が滅ぶと予言されたせいで男装を余儀なくされる。
父の死を光海君のせいだと思い込み、光海君に対して愛憎の感情を抱く。
聡明で芯も強く、光海君と宣祖の愛を独り占めする。

宣祖(イ・ソンジェ)
朝鮮王朝14代王。
幼い頃に「王の顔ではない」と予言され、王となっても自分の相に対するコンプレックスから逃れられずにいる。
王の相を持って生まれた息子の光海君を疎ましく思い、その相を鍼で変えようとする。
王の相を補うのに相応しいカヒを側に置くことで、息子と三角関係になる。

キム・ドチ(シン・ソンロク)
大同契の頭領。
賤民という身分に屈せず幸せに生きていたが、「龍顔秘書」の存在を知ったことで野心を抱くようになる。
カヒに好意を寄せ、嫉妬心と野望から光海君の行く手を阻もうとする。
宣祖に深い恨みを抱いている。

キム貴人(キム・ギュリ)
宣祖の二番目の側室。
信城君と定遠君の生母で、息子を王位に就かせようと政治的野心を燃やす。
野心のためなら手段を選ばず、兄と結託して光海君を陥れようとする。
かつては宣祖の寵愛を独り占めしていたが、現在は疎遠になっている。

【あらすじ】
王子時代に観相師から「王になれば国が乱れる相だ」と予言された過去を持つ朝鮮王朝14代王・宣祖。

自分の相にコンプレックスを抱き、自らの相を補う女性を後宮に入れようと躍起になる一方、息子・光海君が持って生まれた王の相を鍼で変えようとしていた。

そんなある日、王の観相について書かれた書物「龍顔秘書」を狙う者たちが宮廷内の書庫に侵入する!

王の顔 あらすじ 1話&2話

王の顔 あらすじ 3話&4話

王の顔 あらすじ 5話&6話

王の顔 あらすじ 7話&8話

王の顔 あらすじ 9話&10話

王の顔 あらすじ 11話&12話

王の顔 あらすじ 13話&14話

王の顔 あらすじ 15話&16話

王の顔 あらすじ 17話&18話

王の顔 あらすじ 19話&20話

王の顔 あらすじ 21話&22話

王の顔 あらすじ 23話(最終回)


スポンサードリンク