So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

男が愛する時 あらすじ 20話(最終回) [男が愛する時]

キム・ソンジュンの遺体が発見された件で容疑をかけられているテサンを訪ねるミド。

「チャンヒの手紙に事件についての記述があるのでは?」と疑い、手紙を見せるようテサンに迫る。

そんな時、偶然現れたソンジュと鉢合わせしたミドは、テサンとソンジュが結婚するという報告を聞くことになる!

すると、その場では形だけの祝福をするが、その後ミドはテサンの夢を見て苦しむことに…。

一方、テサンとの結婚が決まったソンジュを呼び出したヨンガプは、自分が目撃したキム・ソンジュンの事件について語り始める。

訪ねてきたテサンを返り討ちにしたキム・ソンジュンは足を踏み外して階段を転げ落ちて死んだだけで、死体も遅れて現れたチャンヒがテサンが殺したと誤解して勝手に始末しただけだったのだ!

警察に証言するようソンジュに頼まれたヨンガプは、結婚プレゼントとして式当日に証言することを約束する。

そんな中、テサンはテミンをホンジャの食堂へ連れて行く。

思いがけずホンジャと再会したテミンは顔を背けるが、「一度だけ抱きしめさせて」と涙を流すホンジャに不器用な愛を見せる。

テサンはそんなテミンに「母さんを抱きしめてくれてありがとう」と感謝するのだった。

結婚式当日、ドングにキム・ソンジュンの死体を遺棄したことを告白し、テサンのことを任せるチャンヒ。

「テサンは良い人だ」とミドに伝えると、罪を償うために警察へ出頭する。

一方、ヨンガプはテサンの無実を証言する見返りに、ソンジュに結婚を諦めるよう迫る。

苦渋の選択を迫られたソンジュは、テサンのために仕方なく結婚を諦めることに…。

そして、ミドもニューヨークへ旅立っていく。

「アナタという存在は私が読んだ辛い本を先に読んだ人」という言葉を書店の黒板に残して…。

それから2年後。

転職先のニューヨークから一時帰国していたミドは、リニューアルされた書店の黒板に再び「アナタという存在は私が読んだ辛い本を先に読んだ人」という言葉を残して去って行く。

すると、それを見てすぐにミドが書いたものだと気付いたテサンも黒板に言葉を残しておく。

黒板でメッセージを交わし合ったテサンとミドは、書店の前で再会。

「また好きになりそうだから帰れ」と告げるテサンと、「また好きになりそうだから帰らない」と反論するミド。

ようやく気持ちが通じ合った2人は笑顔に…。

男が愛する時 各話のあらすじはこちら


スポンサードリンク