So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク

王女の男 あらすじ 17話 [王女の男]

セリョンが突然現れたことに驚きながらも、素っ気ない態度で接するスンユ。

あまりの素っ気なさに面食らったセリョンは「私が生きているか気にならなかったのですか?」と思わず口にするが、態度を崩さないスンユに無視されてしまう…。

その後、スンユはセリョンの案内で兄嫁リュ氏と姪アガンの元へ。

二人と感動を再会を果たしたスンユは、二人の逃亡に尽力してくれたセリョンに感謝するが、「会うのはこれっきりにしよう」とセリョンとは二度と会わないことを心に決める。

そして、リュ氏とアガンを引き取ったスンユは、二人の面倒を氷玉館に頼むことにするのだった。

一方、スンユと別れたセリョンは宮殿に入って王女としての冊封を受けることに。

しかし、「誰とも結婚はしない」と父に宣言し、自分が望まないことをするのは今回だけであることを明確に告げる!

「私は死んだ人間に劣るのですか?」と尋ねるミョンには、「あの方は私の心の中で生きている」とスンユへの想いをきっぱり伝えるのだった。

そんな中、イ・ゲとジョンは集賢殿の学者たちと協力してスヤン大君の暗殺を再び考えていた。

「力を合わせて一緒に闘おう」と誘われたスンユは、迷った末に暗殺計画に参加することを決める!

明の使節団がやって来る日が迫る中、『大虎』と書かれた紙が貼られた死体が見つかって慌てるスヤン大君。

明の皇帝に自分の即位を承認してもらおうと考えているスヤン大君は、端宗が明の使節団に妙な告げ口をしないかと心配していた。

そんな折、暗殺計画に参加することを決めたスンユが、キョンヘ王女に挨拶をするためにやって来る。

「スヤン暗殺に命を懸ける」と決意を表明するスンユ。

キョンヘ王女の私邸を訪ね、偶然それを聞いてしまったセリョン。

さらに、ミョンもゆっくりと近づいてくる!

各話のあらすじはこちら


スポンサードリンク