So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

ペクドンス あらすじ [ペクドンス]

「ペクドンス」は朝鮮最強の武人の波乱に満ちた一代記!

【OST】


【キャスト】
ペク・ドンス(チ・チャンウク)
汚名を着せられて処刑された忠臣ペク・サグェンの息子。
手足に障害を持って生まれたが、『剣仙』キム・グァンテクの弟子となって武術を体得して朝鮮最高の剣士に成長する。
後に正祖王(イ・サン)の護衛武官となり、東洋三国の武芸を網羅した『武芸図譜通志』を編纂する。
ジソンに一途な恋心を抱き、彼女を守ることを心に誓う。

ヨ・ウン(ユ・スンホ)
ドンスのライバル。
人を殺めてしまう不吉な相『殺星』の下に生まれ、父親からも疎まれて育つ。
幼い頃から剣に魅了され、闇の刺客集団『黒紗燭籠』の頭目に見染められて刺客となる道を選ぶ。
ジソンに恋心を抱いている。

ファン・ジンジュ(ユン・ソイ)
盗賊集団を率いるジンギの娘。
男にも負けずに立ち向かう腕力と正義感の持ち主で、大抵の男には剣で負けることのない怖いもの知らず。
少女時代の一時期を一緒に過ごしたドンスを次第に愛するようになる。

ユ・ジソン(シン・ヒョンビン)
考宗が残した『北伐之計』の秘密を守り続ける家系の唯一の生き残り。
考宗の盟約によって思悼世子(セドセジャ)の許嫁という運命を背負っているが、ドンスとウンの両方から愛されるようになる。

キム・グァンテク(チョン・グァンリョル)
英祖(ヨンジョ)から『剣仙』の称号を与えられた剣の達人。
思悼世子(セドセジャ)に仕え、武術を極めることに生涯を捧げる。
刺客集団『黒紗燭籠』からも一目置かれており、後にドンスの師匠となって武術を伝授する。

天<チョン>(チェ・ミンス)
清と繋がる闇の刺客集団『黒紗燭籠』の頭目。
グァンテクと互角に渡り合うことができる唯一の達人で、刺客としての独自の美学を貫く。
『殺星』の下に生まれたウンを『黒紗燭籠』の刺客に育てあげていく。

【あらすじ】
第21代王・英祖が治世する18世紀の朝鮮。

キム・グァンテクの弟子として育てられたペク・ドンスと『黒紗燭籠』の頭目である天<チョン>に刺客として育てられたヨ・ウン。

王の護衛部隊『壮勇衛』に送り込まれた二人は、良きライバルとして成長していくのだが…。


スポンサードリンク