So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -
スポンサードリンク

華政(ファジョン) あらすじ 52話~54話 [華政(ファジョン)]

【52話】
昭顕世子が仁祖の代わりに清の使者の出迎えを申し出たと聞き、国王と世子の間に亀裂が生まれることを案じる貞明公主。

密かに訪ねてきた世子嬪の頼みもあり、昭顕世子に後金との件から手を引くことを提案する。

だが、父を信じる昭顕世子を説得することは出来なかった。

清との会談に臨んだ昭顕世子は、清の将軍から「仁祖が遊牧民の儀式に則った盟約式に出席すれば捕虜を送還する」と提案される。

仁祖は清の提案に猛反対するが、昭顕世子の真摯な助言もあり、戦を避けるためにも盟約式に出ることを決意する。

しかし、仁祖は盟約式で清の圧力を突っぱね、席を蹴って出ていってしまう!

世子嬪が貞明公主と密会していたことを聞き、誰も信じることが出来なくなっていたのだ。

仁祖の豹変に驚いた昭顕世子は、仁祖を思い留まらせようと説得にあたる。

だが、仁祖の疑念を払拭することは難しかった。

昭顕世子を案じた貞明公主は、仁祖の豹変の背景に側室となったヨジョン(以後、チョ淑媛)の企みがあったことを感じ取る。

チョ淑媛は側室となったものの男児をなかなか授かれず、仁祖の寵愛も薄れてきたことに苛立っていた。

仁祖の寵愛を取り戻すためなら手段を問わず、接近した世子嬪が貞明公主と密会したことを仁祖に告げ口したのだった。

こうして朝鮮は、浅はかな人間の企みにより再び戦乱の危機に直面することになる。

清との戦が始まるという噂はすぐに都に流れ、民の間では動揺が走るだった。

【53話】
自らお膳立てした清との盟約式を仁祖にぶち壊されてしまった昭顕世子。

怒りに震える仁祖をとりなすことは難しく、いよいよ立場が悪くなる。

貞明公主の民を思う気持ちを理解する鳳林大君は、それでも兄である昭顕世子を危険にさらした貞明公主に憤る。

苦境に立たされた兄を案じ、危険を承知でジュソンに助けを求める。

鳳林大君がジュソンと手を組んだことを知った貞明公主は、鳳林大君を止めようとする。

ジュソンと手を組むことがいかに危険であることを知っているからだ。

しかし、自分に反発する鳳林大君を説得することは出来なかった。

昭顕世子の失脚を目論むジュソンは、鳳林大君の訪問を受けて協力を約束する。

だが、私利私欲のためなら国も売るジュソンが本当に協力するはずがなかった。

清が朝鮮へ侵攻する時間を稼ぐために協力するフリをしていたのだった!

同じ頃、西北地方にもジュソン同様に国を平気で裏切る者がいた。

左遷されたジャジョムだ。

ジャジョムは自らの再起のためなら国を裏切ることも厭わず、清が侵攻してきたという合図を黙殺するのだった。

【54話】
朝鮮に攻め込んだ清軍に脅威を感じる朝鮮の重臣たち。

自分の身だけを案じ、仁祖に江華島への避難を進言する。

何度も都を捨てた過去がある仁祖は、さすがに今回は王らしく徹底抗戦を決断する。

最後まで戦うことを宣言し、重臣たちにも一緒に戦うよう命じる。

だが、破竹の勢いで南下する清軍の勢いは凄まじく、行く手を阻まれた仁祖と昭顕世子は南漢山城で孤立状態に陥る。

すべてが父の計画だと知るイヌは、責任を感じて援軍を呼びに行こうとするが…。

朝鮮の敗戦が避けられそうにない中、ジュソンは仁祖の前に現れる。

朝鮮の家臣としてではなく、清の使者としてだ!

清と和議を結ぶための協力を約束していたジュソンは、仁祖に清が提示した和議条件を平然と伝える。

「和議を結びたければ、世子を人質として差し出せ」と。

華政(ファジョン) 各話あらすじ


スポンサードリンク



前の1件 | -